即日で完成してくれるサービスも

法人の印鑑の作成期間

これから会社を作るような時には、法人のための印鑑を作らなければなりません。法人印鑑がなければ色々な作業や業務に支障がきたすようなこともありますので注意が必要ですが、法人印鑑というのはいったいどれくらいの期間があれば作成ができるのでしょうか?基本的にまず押さえてほしいのは、簡易的なものでない限り法人印鑑というのは結構作成までに時間がかかるということです。
法人印鑑というのは基本的に偽造ができないようにするために手彫りで作成をするといったことが多く、そのためにかなり多くの時間がかかるようなことがあります。精巧に作るためにはおおよその目安として2週間は必要です。ですので、法人印鑑を作るときには確実に必要になる前に用意しておくようにできる期間設定をしておく必要があります。
ただ、実印とかであっても現代では即日で作成をしてくれるようなサービスもあります。法人の印鑑もそのように作ることもでき、最短で1日もあれば作成から送付まで行うことができますが、そういったものは偽造されやすいことがありますので、できればこういったものは使わないようにしましょう。法人印鑑は時間をかけて作られることを念頭に置いておきましょう。

法人印鑑は国内で作成した方がいい

私の勤めている会社は、代表、取締役全ての役員が在日韓国人です。代表を務める社長は齢70歳にしてまだまだ健在。年に何度も母国である韓国へ旅行へ行かれます。会社の法人印鑑(認印)を請求業務や社会保険手続きに使用したいということで、近くの印鑑屋で作成しようと考えておりました。それがちょうど社長が韓国旅行へ行くことが決まっていた時期に重なり、印鑑作成の話が社長の耳に入るやいなや、韓国に手彫りの螺鈿細工の印を安く作る店があるから自分が韓国で作ってくるということに決まり…。
社長が韓国から帰国し、螺鈿細工の印鑑を持ってきましたが、まずもって握りにくいのです。本来判子を使用する時にきっちり握るべき場所に細工が入っていて指が固定できません。それでも両手で支えて押した印影を見てみると、縁がくっきりなのに対し、文字がかすれているのです。何度押してみても内側がかすれて縁はくっきり。そうです、彫りが平らになっておらずうまく朱肉が載らないのです。
国内で作成すれば通常印鑑引渡し時に必ず押して確認するであろう印影を確認する事もしていないのです。その印鑑を認印として何とか苦労して使用していましたが、今度はふちがあっさりかけてしまいました。物ももろくて悪い物だったようです。ネットでも実店舗でも、海外(特に中国や韓国)よりは国内で作成されたものを絶対にお勧めします。

calendar

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

recommended contents

印鑑専門業者とデザイン相談

法人の印鑑の字体について 法人印鑑の字体についてですが、実はこの字体というのも一種類だけではなくいくつかの種類があります。その種類に関してですが、以下のようなものがあります。まず一つ目が篆書(てんしょ)体というものです。法人の実印では篆書体というのが一番多く作成されているもので、字体が…

more...

法人印を初めて買うなら通販サイト

法人印鑑を通販で作る時の注意点 法人印鑑を作る時は印鑑屋に依頼するのが主流でしたが、最近ではネットで通販を利用する事で作る事が出来るようになっています。印鑑屋に出向く必要がなくなるので便利ですが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで法人印鑑を通販…

more...

即日で完成してくれるサービスも

法人の印鑑の作成期間 これから会社を作るような時には、法人のための印鑑を作らなければなりません。法人印鑑がなければ色々な作業や業務に支障がきたすようなこともありますので注意が必要ですが、法人印鑑というのはいったいどれくらいの期間があれば作成ができるのでしょうか?基本的にまず押さえてほし…

more...

Copyright(C)2017 初心者にもおすすめの豊富な種類がある法人印 All Rights Reserved.