人気の素材とその相場について

ラインナップ豊富な印鑑素材

法人印鑑は会社には欠かす事ができない印鑑ですが、選ぶ時には素材が複数あります。ここでは特に人気の素材について知りましょう。
【チタン素材】昔は加工が難しくて、朱肉が乗りにくい点があり金属製印鑑の欠点と考えられていました。しかし、今の時代のチタン印鑑なら進歩してそのような心配もいりません。チタン印鑑の特徴は摩耗や腐食に強く見た目も美しい事です。他の印鑑と比べるとメンテナンスなどの面倒も少なくて済みます。また一度購入すれば基本的には一生もののアイテムになります。重量感もあり押印をする時のインパクトも強いです。
【黒水牛素材】水牛の角を加工して造られる黒水牛の印鑑は、古くから高級素材とされてきました。見た目にも高級感が漂い風格すらもあります。耐久性に関しても自然素材の中では優れている方です。朱肉のノリが非常にいい事も特徴で印影が綺麗に映る事も特徴になります。
【彩樺素材】彩樺は木目が綺麗である事に加えて、耐久性にも優れる素材です。グリーン購入法の適合商品として売られている事が多く、環境を壊さないエコ的な印材として注目されています。法人印鑑と一口に言ってもその素材はいろいろです。それぞれの特徴を理解して購入するようにしましょう。

具体的な作成料金

法人を作る際には、印鑑が必要となってくるわけでありますが、印鑑を作成するのにもお金というものはかかってしまいます。そんな法人用の印鑑ですが、いったいどれくらいの値段がかかるのでしょうか?印鑑といっても基本的に素材によって価格というものは変わります。安く済ませようというときには黒水牛、オランダ水牛(濃色)、彩樺、柘や薩摩本柘、黒檀といったものであるのなら基本的に値段は安く済みます。
この辺りの素材なら安ければ5、6000円から1万円以内で購入することも可能です。これよりもう少し高い値段のものになりますと、純天然黒水牛、オランダ水牛(中色)、オランダ水牛(淡色)、白檀といったものになります。この辺りになってくるとおおよそ1万円前後は安くてもかかる感じになってきますし、白檀の場合ですと2万円を超え始めてきます。これくらいですと、ちょっと高いものが欲しいなというときに手を出すという感じです。
これよりも高いものだと、チタンや象牙、琥珀、天然石といったものです。希少価値が高くどれも手に入りにくい素材なことから値段は3万円や4万円といった値段がかかるのは当然ですし、象牙だと5~6万円くらいはざらで、10万以上というのもあります。チタンは、素材として丈夫であり、傷つきにくいですから耐久面で非常に使いやすいです。後は、手彫りの手間など理由でより費用がかかったりします。

calendar

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

recommended contents

印鑑専門業者とデザイン相談

法人の印鑑の字体について 法人印鑑の字体についてですが、実はこの字体というのも一種類だけではなくいくつかの種類があります。その種類に関してですが、以下のようなものがあります。まず一つ目が篆書(てんしょ)体というものです。法人の実印では篆書体というのが一番多く作成されているもので、字体が…

more...

法人印を初めて買うなら通販サイト

法人印鑑を通販で作る時の注意点 法人印鑑を作る時は印鑑屋に依頼するのが主流でしたが、最近ではネットで通販を利用する事で作る事が出来るようになっています。印鑑屋に出向く必要がなくなるので便利ですが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで法人印鑑を通販…

more...

即日で完成してくれるサービスも

法人の印鑑の作成期間 これから会社を作るような時には、法人のための印鑑を作らなければなりません。法人印鑑がなければ色々な作業や業務に支障がきたすようなこともありますので注意が必要ですが、法人印鑑というのはいったいどれくらいの期間があれば作成ができるのでしょうか?基本的にまず押さえてほし…

more...

Copyright(C)2017 初心者にもおすすめの豊富な種類がある法人印 All Rights Reserved.